季刊邪馬台国
季刊邪馬台国55号
ISBN番号 0387-818X
販売価格

1,335円(税121円)

購入数
up down
【書籍正式名】季刊邪馬台国55号
【著 者 名】安本美典責任編集長
【発行年月日】1994年冬号
【総ページ数】
【 判サイズ 】A5
季刊邪馬台国55号
特集は「衝撃の新展開!偽書『東日流外三郡誌』」となっております。

【目次】
巻頭言 心ある人たちは、声をあげよ
グラビア 古田武彦昭和薬大教授に衝撃の疑惑!ほか

徹底追跡第五弾 衝撃の新展開!! 偽書『東日流外三郡誌』
特別寄稿
・『東日流誌』との遭遇(であい)と訣別(わかれ) 山上笙介
・『東日流外三郡誌』騒動記 谷野満
・ニュース・フラッシュ 古田武彦昭和薬大教授に重大疑惑!―二百万円支払って、古文書偽造を依頼―
・共同通信社をかついだ大芝居 「疑惑の宝剣額」の正体―筆跡鑑定と赤外線写真撮影とが浮かび上がらせた偽造の証拠―
・「市浦村日吉神社の寛政奉納額」の偽り―筆跡鑑定 佐々木隆次
・「寛政奉納額」スキャンダル―古田氏の三大プロパガンダ誌にみる誤報曲報― 齋藤隆
・秋田県田沢湖町でくりひろげられるニセ情報による宣伝
・『東日流外三郡誌』騒動再報―秋田における和田家文書の動き― 田口昌樹
・やはり「古田史学」は崩壊する 松田弘洲
連載第二回 偽史列伝・偽化石と遺跡偽造
石暁軍氏の論文を紹介するにあたって
日本『和田家文書』真贋の争い 石暁軍 著 武田早智子 訳
古田武彦氏は『三国志』を読んでいるのか 石田武彦
【資料】「秋田さきがけ」一九九四・六・二四、七・一、七・八、七・一五、七・二二
偽造はつづきよ、どこまでも――『東日流外三郡誌』関係資料――
編集部・編集者への便り 森村誠一

小特集 日本語の数詞と方位
・古代日本語の数詞と構造 大山元
・日本語の数詞についてのメモ 安本美典
・国語学から見た東遷説 北条忠雄
・古代海民の方位表現――星と風の名前 沖縄方言からの一考察 三島まき

『魏志倭人伝』にあらわれたる「邸閣」について――中国古印資料からのアプロウチ―― 久米雅雄
『魏志倭人伝』の二つ国とその遺跡 中村行志
卑弥呼の遣魏使「都市牛利」について ――「都市」は「市を都べる」の意味の官名かー― 西村敬三

連載第二回 初の現代語訳 『魏志倭人伝』 著者 那珂通世 現代語訳 編集部
図書紹介 『市民の古代』 第16集