季刊邪馬台国
季刊邪馬台国93号
ISBN番号 0387-818X
販売価格

1,362円(税124円)

購入数
up down
【書籍正式名】季刊邪馬台国93号
【著 者 名】安本美典責任編集長
【発行年月日】2006年10月
【総ページ数】
【 判サイズ 】A5
季刊邪馬台国93号
特集は「魏志倭人伝」の「黄幢」と「宋書倭国伝」の「使持節」となっております。

【目次】
巻頭言 「古代妄想」について ●「日本語=タミル語起源説」におもう●
グラビア 『魏志倭人伝』の「黄幢」と『宋書倭国伝』の「使持節」

特集
徹底探究  『魏志倭人伝』の「黄幢」と『宋書倭国伝』の「使持節」
「使持節」の「節」について 川村泰道
『宋書倭国伝』の「都督」 編集部
「笠松文様」は、「幢」か「節」か 安本美典

◇好評連載◇
巨大ホームページを誌上に再現! 連載第9回
邪馬台国大研究 井上修一
精選・邪馬台国論争掘]∈楝茖寛
邪馬台国 入墨とポンチョと卑弥呼 大林太良

特別寄稿 女帝論議への根本的疑問
愛子内親王の即位は、天皇家の断絶と「正田=小和田王朝」の始まりをもたらす 
●性染色体は女帝を認めない● 黒岩徹

古代史ショート・ショート
江戸時代の川柳にみる 女帝と道鏡 松田一
『日本霊異記』にみる女帝と道鏡
奈良時代における笞杖刑について 阿部忠
「日本語=タミル語起源説」を嗤う●本は、売れればよいのか?● 安本美典

◆日本語の起源の徹底的探究 連載第2回
日本語と南の島々の言語 安本美典
檀君神話 花田達郎

特集・偽書『東日流外三郡誌』事件の現在
ある 偽書 の顛末―二十年前の番組とその後― 永田浩三
『東日流外三郡誌』近年の動向 原田実
『和田文書』真偽論争その後 齋藤隆一

邪馬台国の会 韓国旅行記 邪馬台国の会 事務局
■私の邪馬台国論 (後藤幸彦・石井好・永井康寛)