季刊邪馬台国
季刊邪馬台国10号
ISBN番号 0387-818X
販売価格

935円(税85円)

在庫数 在庫 0 売切中(お問合せ下さい)
【書籍正式名】季刊邪馬台国10号
【著 者 名】安本美典責任編集長
【発行年月日】1981年秋号
【総ページ数】
【 判サイズ 】A5
季刊邪馬台国10号
特集は「日本語と日本人の起源」となっております。

【目次】
立体特集 日本語と日本人の起源
特集 第一部 日本人の起源
人類学から見た日本人の起源 埴原和郎
遺伝学から見た日本人 尾本恵市
特集 第二部 日本語の起源
日本語系統論の展望 萩野棟省
日本語=タミル語起源説についての私見 辛島昇
日本語タミル起源説を考える 徳永宗雄
誤りと偽りの「日本語=タミール語」関係説(1) 安本美典
大野晋博士の比較の方法 村山七郎
硯学は語る=亀井孝氏
学問公害・世間を惑わす日本語系等論

・ウガヤフキアエズノ尊の陵を訪ねて 平野雅曠
・報告 邪馬台国はここにあり 〜大分県宇佐市・全日本邪馬台国論争大会〜
・卑弥呼に捧げる百の恋の歌(2) 神原真一
・自著を語る・『邪馬台国はここだ』(奥野正男著)
・邪馬台国=宮崎県都城付近説 斉藤久子

■創刊記念懸賞論文選外佳作
卑弥呼と倭の五王時代 横山貞裕
・邪馬台国関係書籍目録 大島彰編