季刊邪馬台国
季刊邪馬台国12号
ISBN番号 0387-818X
販売価格

935円(税85円)

在庫数 在庫 0 売切中(お問合せ下さい)
【書籍正式名】季刊邪馬台国12号
【著 者 名】安本美典責任編集長
【発行年月日】1982年春号
【総ページ数】
【 判サイズ 】A5
季刊邪馬台国12号
特集は「里程論争 / 日本語の起源 / 鏡の謎」となっております。

【目次】
◎巻頭言
・編集者のつとめ/安本美典
◎三大論争特集
○第一特集 里程論争
・邪馬臺国の里程/白崎昭一郎
・『魏志』倭人伝の道理記事/山尾幸久
・魏晋朝短里説批判(1)/安本美典
・『三国志』における「歩」は「長里・長歩」にもとづく/佐藤鉄章
・「東治」か「東冶」か/野上哲弘
・「苑」と「宛」/阿部秀雄
○第二特集 日本語の起源論争 第三弾
・「日本語のタミル起源説」衰亡史/中村彰彦
・川本祟雄氏の南島語説への疑問―批判にこたえる―/荻野棟省
・「比較言語学者」下宮忠雄氏に答える/徳永宗雄
・下宮忠雄氏に一言/藤原 明
・日本語の起源論争に思う/小松 格
・ヨロシ・ヨラシをめぐって―大野晋氏を弾劾する―/大野透
・日本語の起源論争各紙・誌記事再録
○第三特集 鏡の謎
・三角縁神獣鏡は五世紀の鏡である/田島英二
・三角縁神獣鏡をめぐるいくつかの問題(1)―王論文・奥野論文をめぐって―/福本正夫
◎連載
・一中国人の見た邪馬台国論争(2)/張 明澄
◎在野研究者の邪馬台国研究に寄せて/三木太郎
◎古代史こぼれ話猥褻書『古事記』/原 祥平
◎邪馬台国に魏使は来たか/三木太郎
◎文化財取材担当記者報道研修会に参加して/土肥郁