季刊邪馬台国
季刊邪馬台国23号
ISBN番号 0387-818X
販売価格

1,100円(税100円)

在庫数 在庫 0 売切中(お問合せ下さい)
【書籍正式名】季刊邪馬台国23号
【著 者 名】安本美典責任編集長
【発行年月日】1985年春号
【総ページ数】
【 判サイズ 】A5
季刊邪馬台国23号
特集は「大和朝廷の起源と南九州」となっております。

【目次】
・グラビア 邪馬台国南九州論研究発表大会/思い出の写真集より
巻頭言 邪馬台国と南九州 安本 美典

特集・大和朝廷の起源と南九州
・邪馬台国南九州説を展望する 本村 秀雄
・邪馬台国南九州論研究発表大会をレポートする 斎藤 久子
・明治時代までの邪馬台国南九州説 小林 幹男
・本居宣長の「熊襲偽僭説」初の言語訳!『馭戎慨言』 本居宣長 編集部訳
・江戸期地理書における神代三山陵の位置 中村 明蔵
・大和朝廷成立の前夜をさぐる 高千穂論争(1) 安本 美典

・エッセイ 東大寺炎上後日譚 志村 有弘

・連載日本古代史論争第四回 高句麗王都論争 丸都城はどこにあったか 白崎 昭一郎(さしえ 池田 仙三郎)

・好評連載第九回 『魏志』「倭人伝」とその周辺 榎 一雄

・『魏志』「倭人伝」の文献批判 時野谷 滋

・エッセイ 「仗刀」随想 平野 雅曠

・趣味としての古代史 仁禮 信愛

・現代語訳 広開土王碑文 高句麗史研究会

・新刊紹介 田中 勝也著『環東シナ海の神話学』 菊地 清光

・新刊紹介 王 健群著『好太王碑の研究』広田 茂樹

・岡田山古墳 鉄製太刀銘文の謎 桑原 秀盈

・連載第六回〈書誌学第一人者の論考〉『三国志』の宋元刊本について 尾崎 康

・エッセイ 鬼道雑記 杉野 なおき

・話題の連載第十三回 一中国人の見た邪馬台国論争 張 明澄 さしえ 松本 修一

・好評連載第七回 古代史小説の世界 中村 彰彦

・邪馬台国関係参考図書目録(その2) 川野辺 明

・ショートオピニオン 出雲の熊野地方と熊本県の熊野平野 加茂 融
・ショートオピニオン 壱岐・対馬の戸数・人口 堤 千丈