季刊邪馬台国
季刊邪馬台国33号
ISBN番号 0387-818X
販売価格

1,100円(税100円)

購入数
up down
【書籍正式名】季刊邪馬台国33号
【著 者 名】安本美典責任編集長
【発行年月日】1987年秋号
【総ページ数】
【 判サイズ 】A5
季刊邪馬台国33号
特集は「『倭人語』を解読する」となっております。

【目次】
巻頭言 「解読」への挑戦 安本 美典
総力特集 「倭人語を解読する」

・「倭人語」入門 ―諸説を整理する― 『魏志』の「倭人語」についての議論点(ディスカッション・ポイント) 編集部
・「倭人語」の解読 基礎資料の提出と解読のこころみ 編集部「倭人語」解読グループ

・『魏志』「倭人伝」の倭語をあらわす漢字は「卑字」なのか ―あわせて「所有無与儋耳朱崖同」を諭す― 尾崎 雄二郎
・「獲」字の音 高松 政雄
・「邪馬臺国」の言語 松永 章生
・稲荷山鉄剣銘の銘文をどう読むか 長田 夏樹
・官名・人名は、神代記事と一致するものが多い 安本 美典

「卑弥呼」について考える

・卑弥呼は漢字が読めた 小松 格
・卑弥呼と卑弥弓呼 船迫 弘

・『魏志』「倭人伝」「雑考」 坂本 太郎
・『魏志』「倭人伝」などに所見の国語語彙力に関する二三の問題 濱田 敦
・邪馬台国の所在と上代特殊仮名遣 田中 卓

・古代史SF傑作選 第3回 海神の裔 豊田 有恒

・大型連載 邪馬台国と弥生文化 第四回 原始国家(百余国)の成立と発展 奥野 正男
・好評連載 第17回 ―テキストを検討する― 『魏志』「倭人伝」とその周辺 榎 一雄