季刊邪馬台国
季刊邪馬台国53号
ISBN番号 0387-818X
販売価格

1,335円(税121円)

購入数
up down
【書籍正式名】季刊邪馬台国53号
【著 者 名】安本美典責任編集長
【発行年月日】1994年春号
【総ページ数】
【 判サイズ 】A5
季刊邪馬台国53号
特集は「邪馬台国の鏡 / 徹底追跡・偽書『東日流外三郡誌』」となっております。

【目次】
巻頭言 木の良否は、その実でわかる
グラビア 『東日流六郡誌絵巻』 の種本があらわれた! ほか

『季刊 邪馬台国』50号記念講演
考古学と倭人伝 森浩一

第一特集 邪馬台国の鏡
・八咫(やた)の鏡と卑弥呼の鏡 安本美典
・馬淵久夫氏の諸論文を紹介するにあたって 安本美典
・鉛同位体比法による漢式鏡の研究(一) 馬淵久夫・平尾良光
・鉛同位体比法による漢式鏡の研究(二) 馬淵久夫・平尾良光
 ―西日本出土の鏡を中心として―
・平原弥生古墳出土青銅鏡 およびガラスの鉛同位体比 馬淵久夫・平尾良光・西田守夫

特別寄稿 大和上位システムの支配と崩壊―初期日本の伝説的歴史における動態―大林太良

第二特集 徹底追跡・偽書『東日流外三郡誌』
・『東日流六郡誌絵巻』の種本があらわれた!
・顕微鏡写真周辺の不可解―「古田史学」は、「瞞着史学」なのか―
・古田武彦氏に、木村家遺族の怒りの声が聞こえるか―「古田史学」は、「不正義の史学」なのか―
・古田史学の危機について シュメール
・一九九三年十月に出るはずの寛政年間原本はどうなった? 安本美典
・『歴史Eye』一月号の「東日流誌」記事批判 齋藤隆一
・つくられた白蛇の舞い 藤村明雄
・和田家史料群調査顛末 原田実
・『東日流外三郡誌』の偽書騒動に見たこと 石田健彦
・『東日流誌』につての総合的批判 その供修海譴任聾渋綽佑虜遒箸靴言えない― 齋藤隆一
・津軽十三津波伝承の成立とその性格―「興国元年の大海嘯」伝承を中心に― 長谷川成一
・『東日流外三郡誌』の「興国の大津波」記事の種本は?
・「安日長髄」に関する暫定的所見 原田実
・『東日流外三郡誌』関係資料

コラム・偽書に想う
編集部・編集者への便り

「ヤマタイ国研究会」特別文化講演会のご案内
「邪馬台国の会」御案内