季刊邪馬台国
季刊邪馬台国144号 
ISBN番号 08821-6
販売価格

1,485円(税135円)

購入数
up down
【書籍正式名】古代史の総合雑誌 季刊邪馬台国144号
【著 者 名】「季刊邪馬台国」編纂委員会
【顧   問】安本美典
【発行年月日】2024年1月4日
【総ページ数】222
【 判サイズ 】A5

【目次】
■巻頭言 祈りと祀りと政/編集部

■総力特集 国分寺と式内社―古代における地方と祭政一致を読み解く
国分寺伽藍の造営体制と金堂の建築形式・格式/海野聡
壱岐島空白の200年と物部と式内社/河合恭典
政治・文化的視点からみた古代豊前における
国分寺造営と宇佐八幡をめぐる動向―みやこ町を中心として/井上信隆
建築様式から見た式内社・国分寺/佐藤正彦
古代官道がつなぐ国府・国分寺・国分尼寺と
式内社・式外社—丹後国の例/石井幸孝
奈良県・桜井茶臼山古墳の被葬者と築造年代/安本美典

■安本美典賞 表彰式

◆好評連載◆
・筑紫君磐井をたずねて【第5回】 磐井君の菩提寺が建立されていた/綾杉るな
・倭国(邪馬台国)の神々【第3回】 別天神 高御産巣日神/福永晋三
・オトナ女子のコラム 晴れ、ときどき、古代史/藤江かおり
・私の町の博物館【第7回】
 *島根県立古代出雲歴史博物館/中川 寧

◆投稿原稿◆
ヒメ神考/陶山具史
正史三国志の史料批判からみる邪馬臺国所在位置論争への結論/岡上 佑

・神社仏閣、縁起めぐり 一切万物を救済する祈りの寺 東大寺/編集部
・書評 『日本史の旅人』野呂邦暢著/編集部