歴史
不彌国経由
ISBN番号 978-4-87035-785-3
販売価格

1,650円(税150円)

購入数
up down
【書 籍 名】不彌国経由
【著   者】プラスムーン
【発行年月日】2023年12月1日
【 判サイズ 】4-6

【内容紹介】
魏志倭人伝を紐解き、邪馬台国を物語る

魏志倭人伝では、壱岐から末盧国、伊都国、奴国、不彌国までは、大体どこの地か分かっている。
しかし、不彌国から投馬国、そして、邪馬台国。
このルートがはっきりしておらず、近畿説などいろいろな説を生み出している。

卑弥呼の実像とは──?

【目次】
はじめに

【第1章】「邪馬台国 概要」

【第2章】魏志倭人伝訳

【第3章】奴国王・伊都国王

【第4章】卑弥呼

【第5章】事柄について

【第6章】行程について

【第7章】不彌国から邪馬台国へ

【第8章】不彌国経由

附録

おわりに


【著者プロフィール】
プラスムーン (プラスムーン) (著/文)
1953(昭和28)年1月、福岡県生まれ。
情報通信業の会社に就職、電電公社D10型電子交換機D10LC・D10LM等保守・開発支援業務に携わり、そのまま一社にて定年退職。
主な資格として、電気通信主任技術者第一種伝送交換、情報通信エンジニア(現在ビジネス更新13回継続中)。
【著書】『金印の行方』2022年 蠍古濕縫瓮妊アコンサルティング