歴史
橿日と神武と邪馬壹国 地名・人名から読み解く
ISBN番号 978-4-87035-756-3
販売価格

1,430円(税130円)

購入数
up down
【書 籍 名】橿日と神武と邪馬壹国 地名・人名から読み解く
【著   者】西村 敏昭
【発行年月日】2023年2月28日
【 判サイズ 】B5判

【内容紹介】
柿本人麻呂の和歌に隠された暗号を読み解くと、邪馬壹国や蝦夷の人々が日本を意識していたことがわかる!

「邪馬壹国」=「日本国」?!

地名・人名から読み解く、古代史最大のミステリー。
名前と位置に着目した、日本・九州・福岡の大判地図掲載!

地名・人名に注目すると、新たな視点が見えてくる!独創的な観点で読み解く新たな邪馬壹国。

【目次】
はじめに
三国志魏書東夷伝倭人条(原文)

第一章 神武天皇の東征
 ・神武東征を問う
 ・出発地は日向峠
 ・香椎の謂れ
 ・二次東征

第二章 邪馬壹国・卑弥呼
 ・邪馬壹国の呼び名
 ・壹國(倭国)連合とは
 ・邪馬國(日木国)連合とは
 ・邪馬壹国の形機覆修療治について)
 ・邪馬壹国の形供覆修領琉茲砲弔い董
 ・里程から邪馬壹国の中心を考える
 ・分裂した大連合国
 ・おとぎ話に見られる歴史

第三章 古代の糟屋とはどんな所か
 ・妙心寺の梵鐘からわかること
 ・不彌國(旧糟屋郡)の中心は何処か
 ・天皇の和風諡号からわかること
 ・磐井の乱における継体天皇の目的は

第四章 古代から現代へ
 ・呉からの渡来者と徐福一行
 ・大宰府と大王たち
 ・聖徳太子はどんな人
 ・『古事記』『日本書紀』について
 ・古代日本の三勢力

おわりに

【著者プロフィール】
西村 敏昭 (ニシムラ トシアキ) (著/文)
1958年生まれ 福岡県生まれ。西南学院大学法学部卒業。自営業。
名前や地名に着目した古代史研究に取り組み、古代史総合雑誌『季刊邪馬台国第141号』(2021年12月梓書院)に「私の邪馬台国論」を投稿。