実用・一般書
遊撃する中小企業 福岡佐賀長崎 注目の企業15社 第2弾
ISBN番号 978-4-87035-718-1
販売価格

1,430円(税130円)

購入数
up down
【書 籍 名】遊撃する中小企業 福岡佐賀長崎 注目の企業15社 第2弾
【編   集】一般社団法人九州北部信用金庫協会
【発行年月日】2021年6月30日
【総ページ数】200
【 判サイズ 】B6判

【内容紹介】
元気な中小企業は、地域の宝!
地域経済を牽引する数多の中小企業のなかから、いま、信用金庫が注目する福岡・佐賀・長崎の元気企業15社を紹介。波乱万丈の物語から、地域に愛される秘訣、世界に誇れる技術など、企業と地域を元気にするヒントがここに!


 本書は、2019年10月に発行された同名の書籍の第2弾である。福岡県、佐賀県、長崎県の北部九州3県で実績をあげているユニークな中小企業15社の経営者を取材して、確かな実績を支えている経営手法や着眼点などをまとめた中小企業の自叙伝である。自叙伝には2種類あり、ひとつは当事者が書くものであり、もうひとつは第三者が当事者に取材して書くものである。本書は、後者に当たる。著者が当事者に取材して、当事者の歴史や実績、思いを活字にした。両社それぞれに良さはあるが、前者が主観的になるのに対して、後者は第三者が書くので、前者に比べれば客観的になる。私も努めて客観的になるように努力したつもりだ。それが奏功しているかどうかは読者諸賢の判断に委ねたい。
 第2弾を刊行するのは、北部九州には知ってほしい中小企業がまだまだたくさんあるからだ。知られていないことは存在しないに等しい。小なりと言えども生き続けている中小企業の努力と実績を私たちはもっと知るべきだ。企業は法人税を納め、雇用を維持し、有用な商品やサービスを提供し続け、これらの活動によって地域に貢献している。知られることにより、そこで働きたいと思う人が増え、連携したいと思う企業が増え、その企業で働く人々とその家族の誇りとモチベーションが高まる。本書は、そうなるようにとの期待を込めて取材し、書き上げた15社の物語だ。
 取材をしていて思い浮かんだキーワードがいくつもある。不思議なことに、個々のインタビューで思い浮かんだキーワードが各社に共通しているのだ。15社全てを取材する中で、この話は、あの会社のケースと似ている、この話をあの社長に聞かせたい、この社長をあの社長に引き合わせたい、と思うことが何度もあった。そして、第1弾で紹介した社長たちを思い出したことも多かった。 取材を通して出合った多くの企業に共通するキーワードを書き出してみる。「人の行く裏に道あり花の山」、「競争しない」、「宣伝にお金をかけない」、「自社が優位な場所を作り、そこで光る」、「新技術をうまく取り入れる」、「右肩上がりの成長は目指さない」、「目の前にいる顧客と向き合い、顧客を作る」、「キャッシュフロー経営」、「顧客と社員と仲間を大事にする」、「中小企業の連携とネットワークを生かす」、「知られていないことは存在しないに等しい」、「次世代の消費者を育てる」、「後継者を育て、引き継ぐ」などだ。
(「まえがき」より)

【目次】
まえがき
1 コスモ海洋株式会社
2 オーエーセンター株式会社
3 株式会社ナダヨシ
4 株式会社アプリップリ
5 後藤の饅頭
6 株式会社丸屋
7 丸久鋼材株式会社
8 株式会社谷田建設
9 木下木芸
10 株式会社竹嶋繊維
11 株式会社大和製菓
12 そのぎ茶温泉株式会社
13 株式会社とわに
14 有限会社エトワール・ホリエ
15 合資会社林醤油本店
あとがきに代えて

【著者プロフィール】
一般社団法人九州北部信用金庫協会(著/文 | 編集)
北部九州(福岡・佐賀・長崎)の信用金庫を会員とし、信用金庫の健全な発展と社会的使命を果たすことを目的に設立された公益性をもつ金融団体。会員信用金庫の利益代表機関として、信用金庫の業務運営に関する理論と実際の調査・研究をはじめ、共同事業、関係官庁その他に対する建議・要望活動を行っている。