マンガ
最後の朝鮮通信使 易地聘礼 日朝文化交流の集大成と新たな扉
ISBN番号 978-4-87035-671-9
販売価格

770円(税70円)

購入数
up down
【書籍正式名】最後の朝鮮通信使 易地聘礼 日朝文化交流の集大成と新たな扉
【著   者】長崎県対馬市・編著/松本康史・漫画
【発行年月日】2020年6月15日
【総ページ数】130
【 判サイズ 】B6判

【 商品説明 】
鎖国の中、お互いを理解し真心を持って交流する「誠心外交」によって、
第11回まで続けられてきた朝鮮通信使。
しかし、この長く続いてきた交流ゆえの「誠心交流」の緩みが、一つの悲しき事件を巻き起こす。

事件を乗り越え、第12回通信使交流に動き出した対馬に、更なる波乱が待ち受ける。
天変地異、財政難による幕府からの聘礼延期の通達。
そこから、莫大な費用削減のため、江戸で行われてきた通信使にかかわる全ての儀式・行事を対馬で行う改革案「易地聘礼」実現に向けて、再び対馬は奔走していく。

最後の朝鮮通信使にして、一度だけ実現した「易地聘礼」
その道のりを辿る。


【著者紹介】
松本 康史(まつもと やすし)
1977年生まれ。アシスタントを経て秋田書店など商業誌で連載。
映画「バクマン」本編のオリジナルマンガ(劇中マンガ)の作画他も担当。