小説・エッセイ
カミュとヴェイユ 信仰と愛をめぐって
ISBN番号 978-4-87035-655-9
販売価格

2,750円(税250円)

購入数
up down
【書籍正式名】カミュとヴェイユ 信仰と愛をめぐって
【著 者 名】林 裕之
【発行年月日】2019年10月1日
【総ページ数】260
【 判サイズ 】A5判

【 商品説明 】
過激な原理主義・国家主義・ポピュリズムがあふれかえる現代社会に、二人が抱いた思想はどんな希望の光を指し示すのか。

- シモーヌ・ヴェイユ (1909-1943)-
34歳にして、その短い生涯を閉じたユダヤ系フランス人の思想家。
教授資格を持ちながらも、一女工として工場労働を体験。
戦争を嫌悪しながらも、スペインの内戦では人民戦線派義勇兵として参加。
常に人々の不幸と向き合い、絶対愛に生きようとした。

【著者情報】
林 裕之(はやし・ひろゆき)
西南学院大学文学部卒業
西南学院大学大学院文学研究科修士課程終了、博士後期課程単位取得満期退学(フランス現代思想・文学、宗教哲学専攻)
元 西南学院大学、西日本工業大学非常勤講師(フランス語担当)
現在 山口県立長府高等学校教諭(倫理、政治・経済担当)
主要論文
『アルベール・カミュにおける超越の問題について』
『シモーヌ・ヴェイユにおける摂理と必然性の問題について』
『シモーヌ・ヴェイユにおける死の意味について』