実用・一般書
鷗外歴史文学続論
ISBN番号 978-4-87035-575-0
販売価格

2,700円(税200円)

購入数
up down
【書 籍 名】鷗外歴史文学続論
【著   者】新名 規明
【発行年月日】2016年7月1日
【総ページ数】321
【 判サイズ 】A5判

【内容紹介】

鷗外長編史伝三部作『渋江抽斎』『伊沢蘭軒』『北条霞亭』を通読し、丁寧に解説する力作評論。
系図や歴史考証の叙述が煩わしく、難解であるとも評される鷗外史伝三部作の面白みなんだろうかと、考えることがある。それは一言でいえば、「人物探求の妙」ではないかと著者は言う。


【目 次】
第一章 トピックス二題
第二章 『渋江抽斎』論
第三章 『伊沢蘭軒』論
第四章 『北条霞亭』論
あとがき

【著 者】 
新名 規明 (にいな のりあき)
1945年5月、鹿児島に生まれる。1964年鹿児島県立鹿屋高等学校卒業。
1968年九州大学文学部哲学科卒業。1971年同大学院修士課程修了。
1977年同博士課程退学(西洋哲学史専攻)。1980-2009年長崎海星学園中学高等学校の国語教師として勤務。
森鷗外記念会会員、北九州森鷗外記念会会員。
著書に『小説 彦山の月』(2010年 長崎文献社発行)、『鷗外歴史文学序論』(2013年 梓書院発行)、
『芥川龍之介の長崎』(2015年 長崎文献社発行)がある。