詩歌・芸術
菩提樹の木の下で奴は待っていた
ISBN番号 978-4-87035-570-5
販売価格

1,620円(税120円)

購入数
up down
【書籍正式名】菩提樹の木の下で奴は待っていた
【著   名】余世仏
【発行年月日】2016年3月21日
【総ページ数】72頁
【 判サイズ 】A4変形判


【内容】
『若き日の思いがよみがえる』
一体何処を彷徨っていたんだと
菩提樹の木の下で奴は待っていた。

福岡県在住の著者が、若き日に感じた思いをぶつけた1冊。
著者撮り下ろしの写真も必見です。


【目次】
序 章 遙かなるインディア
第1章 焦燥
第2章 蒼い月
第3章 蒼い夏
終 章


【著者紹介】
山浦ヨシアキ
昭和26年 大分県日田市生まれ
高校卒業後、自転車で九州一周
写真店勤務の後、
22才 福岡で印刷関連の仕事に携わる
23才 キリスト教の洗礼を受ける
25才 ウィンドサーフィンに魅せられ、以後15年間続ける
38才 あこがれのカシミールの地を踏む
40才 独立して現在まで仕事と旅の両立を目指す
45才 シルクロードとイスラム圏の旅を始める
52才 北海道一周バイクでツーリング
54才 250ccバイクで福岡から富士山までツーリング
55才 チベットで密教の心を学ぶ
64才 日本、全県踏破、海外20ヶ国を巡り、旅は続く
趣味 写真、旅、オフロードバイク、ウィンドサーフィン