季刊邪馬台国
季刊邪馬台国128号 
ISBN番号 0387-818X
販売価格

1,350円(税100円)

購入数
up down
【書籍正式名】古代史の総合雑誌 季刊邪馬台国128号
【著 者 名】「季刊邪馬台国」編纂委員会
【顧   問】安本美典
【発行年月日】2015年2月
【総ページ数】192
【 判サイズ 】A5


【目次】

■巻頭言 『魏志倭人伝』なかりせば/河村哲夫

■時事古論 第2回
年代論争
縄文・弥生はいつからか?/安本美典

■時事古論 第1回
わが国最古の青銅鏡
「多紐鏡」の鋳型の出土/安本美典


■総力特集「奴国の時代」第2弾!

奴国の時代(2)/編集部

奴国の東 ―大野城市の弥生時代遺跡―/上田龍児

安徳台遺跡群について/岩滿 聡

奴国の遺跡群/井上筑前

『三国志』の写本検索/笛木亮三

「邪馬台国全国大会in福岡」が開催される

●考古学入門講座 第2回
弥生式土器/澤田康夫

●全国邪馬台国連絡協議会
第2回九州地区大会《佐賀》
古代史フェスタ「卑弥呼の声が聞こえる」開催

【書評】『暦で読み解く古代天皇の謎』/河村哲夫

●オトナ女子のための古代史サイト/藤江かおり

●特別記念フォーラム
「邪馬台国はどこだ?」が開催される

【連載第10回】世界遺跡巡り
フランスの巨石文化 カルナック/井上修一

【連載第14回】
ブッダへの道
 〜法顕が見た五世紀初頭のアジア〜/河村哲夫

● 古代史探訪「魏志倭人伝の旅」3日間 (邪馬台国の会主催)
〜一支国・末盧国・伊都国・奴国をたどる〜/内野勝弘