実用・一般書
会社を絶対につぶさないための財務健全化
ISBN番号 978-4-87035-639-2
販売価格

1,620円(税120円)

在庫数 在庫 0 売切中(お問合せ下さい)
【書 籍 名】会社を絶対につぶさないための財務健全化 ―節税対策はsave moneyか? lose moneyか?
【著   者】秋吉 博文
【発行年月日】2019年1月15日
【総ページ数】224
【 判サイズ 】 四六判

【内容紹介】
社長! その節税対策、いますぐやめないと会社つぶれます! 会社を伸ばすには、節税よりも納税?!
1000社以上の中小企業を救ってきた公認会計士が語る、節税対策の本当の話。

業績も右肩上がりで順風満帆だったタキタ工務店を襲った、「節税対策の罠」とは?! 安易な節税対策によって倒産寸前にまで追い込まれた中小企業、タキタ工務店。社長の滝田は、数々の中小企業を「V字回復」させてきた財務コンサルタントとの出会いで、企業経営で本当に大切なことに気付き…?! ある中小企業の転落から再生までのストーリーから学ぶ、絶対に会社をつぶさないための「社長の必須教養」

「節税対策で得をしたい」「税金をたくさん払うのは馬鹿らしい」。そんな思いを持つ中小企業経営者は少なくない。しかし、「節税対策をすれば会社にお金が残る」という認識は大きな誤解である。上場企業や、優良企業、銀行員や会計士・税理士らにとっては常識といえる、「節税対策が会社を弱くする」という認識だが、なぜか経営者には一向に理解されない。そんな認識のズレを正し、「財務健全化」を目指すための経営者必読の一冊。


【著 者】 
秋吉 博文(あきよし ひろふみ)
公認会計士。秋吉公認会計士事務所代表。1962年、大分県玖珠町生まれ。同志社大学卒業後、1991年に公認会計士登録。翌年、秋吉公認会計士事務所創立。九州中小企業支援ファンド投資委員。福岡県中小企業家同友会副代表理事。