実用・一般書
弱みを強みに変える 本気が目覚めるアクティブ・ラーニング
ISBN番号 978-4-87035-551-4
販売価格

1,620円(税120円)

購入数
up down
【書 籍 名】弱みを強みに変える 本気が目覚めるアクティブ・ラーニング
【著   者】浮田英彦/日野資成/伊藤文一/上野史郎/原口芳博
【発行年月日】2015年5月15日
【総ページ数】208
【 判サイズ 】四六判

【内容紹介】
本書は、アクティブ・ラーニングの授業方法を進めるにあたって教師の発想の転換とイノベーションの創造に寄与するものであるが、何より大学入試改革が必要であることはいうまでもない。(元福岡女子高等学校 校長 本多常忠)

「なぜ学ぶのか」「何を学ばなければならないのか」ということを、学びの主体者が自覚してこそ初めて生きて働く力が形成される。(春日小学校 校長 清武直人)

「一流から超一流へ」これが本校の学校目標である。今、「道徳の時間」の授業に、アクティブ・ラーニングの手法を取り入れて、とても有効だと感じている。(春日東中学校 校長 古澤裕二)


■目次
学修者が主体的・協働的に学ぶ
「アクティブ・ラーニング」のさらなる充実に向けて/福岡市立堅粕小学校校長 入江誠剛

わたしたちチームは負けないので−アクティブ・ラーニング実践
〜ビジュアル・ストーリー型プレゼンテーションで勝つ〜/福岡女学院大学 人文学部教授 浮田英彦

女子大生のパワー全開!
〜ゼミでのアクティブ・ラーニングの試み〜/福岡女学院大学 人文学部教授 日野資成

教室から飛び出す授業=アクティブ・ラーニング
〜動いて、感じて、つながる〜/福岡女学院大学 人文学部教授 伊藤文一、福岡女学院大学 算数教室指導者 上野史郎

農作業体験を通して「いのち」を体感する
〜野菜・米作り・フラワーアレンジメントによるアクティブ・ラーニング〜/福岡女学院大学 人間関係学部教授 原口芳博

孔雀の姿に学ぶ−失敗を成功に変える力−/編著


■著者
浮田英彦(うきた ひでひこ)
福岡女学院大学人文学部現代文化学科教授、キャリア開発教育センター長
神奈川県生まれ、熊本大学大学院社会文化科学研究科博士後期課程単位取得退学。
百貨店の開業準備室から外商部に勤務、その後航空系ホテルで外国公館、皇室(御成)担当、マーケティングを経て短大教員、大手専門学校教員と多彩なキャリア経験を持つ。
厚生労働省所管 労働政策研究研修機構でキャリア教育に関する研究に従事。
専門は観光サービス産業の人材育成とアクティブ・ラーニングの実践的研究。
著書『THE HINT!仕事選びは生き方探し』(共著 2011ミッションプレス)『弱みを強みに変える 本気が目覚める課題解決型学習』(共著 2013梓書院)『心をつかむビジュアル・ストーリー型プレゼンテーション』(編著 2015梓書院)ほか

日野資成(ひの すけなり)
福岡女学院大学人文学部現代文化学科教授
神奈川県生まれ、ハワイ大学大学院博士課程修了、言語学Ph.D。スタンフォード大学客員教授。旧華族霞会館会員。堂上会会員(爵位: 伯爵)。日野家第44代当主。
神奈川県立高校で14年間国語教師。アメリカ留学後、現職15年。教育に情熱を傾ける。正中の変の立役者で徒然草にも登場する日野資朝など、代々国語学の文章博士を輩出する日野家の歴史を受け継ぎつつ、新たなことにチャレンジする。
著書『日本語系統論の現在(共著)』(2003国際日本文化研究センター)、『語彙化と言語変化(翻訳)』(2009九州大学出版会)、『ベーシック現代の日本語学』(2009ひつじ書房)ほか

伊藤文一(いとう ふみかず)
福岡女学院大学人文学部現代文化学科教授、教職支援センター長
福岡県生まれ、東京学芸大学大学院修了後、福岡市で中学校の教諭となる。その後、中学校校長、福岡市教育委員会指導部主事、同教職員部主事などを歴任する。この間、九州大学大学院を修了。
福岡市教育センター人権教育非常勤嘱託員、佐賀市教育委員会第3者評価委員、春日市教育委員会学校運営委員。
著書『信頼を創造する公立学校の挑戦』(2007 ぎょうせい)、『君の夢 風になれ 雲に乗れ』(2011 櫂歌書房)、『Teacher's Teacher2』(2012 櫂歌書房)、『本気が目覚める課題解決型学習』(2013 梓書院)

上野史郎(うえの しろう)
福岡女学院大学算数教室指導者
福岡県生まれ、福岡教育大学教育学部中学校教育課程数学科卒業後、数学教師として、壱岐中学校、城西中学校、元岡中学校、城南中学校、片江中学校、能古中学校を経て、現在に至る。
共著『たのしくわかる福岡女学院の算数教室』(2013櫂歌書房)

原口芳博(はらぐち よしひろ)
福岡女学院大学人間関係学部心理学科教授、人間関係学部長、ガーデニング部顧問
長崎県生まれ、上智大学文学部哲学科(スコラ哲学専攻)及び同大学教育学科(心理学専攻)卒業後、同大学院文学研究科教育学専攻修士課程修了。臨床心理士として、精神科医療において心理臨床活動に従事後、長崎市に原口カウンセリングルームを開業、心理相談活動を地域で展開する。その傍らスクールカウンセラーとしても活動する。2002年より現職。同時に福岡女学院大学臨床心理センターにて、外来相談者の心理相談に従事している。専門領域は臨床心理学。
共著『いつもこころに休日を』(2000 成美堂出版)、『こころの日曜日4』(1996法研)、『心理検査の基礎と臨床』(1987 星和書店)