小説・エッセイ
潮鳴り遥か―五島・久賀島物語―
ISBN番号 978-4-87035-540-8
販売価格

1,800円(税133円)

購入数
up down
【書籍正式名】潮鳴り遥か―五島・久賀島物語―
【著   者】内海紀雄
【発行年月日】2014年12月10日
【総ページ数】400
【判サイズ】A5判並製

【商品説明】
記者の目、研究者の視点で島国日本の原点を読みやすく丁寧に案内した物語であり、学術的文献である。
「九州作家」編集長 中尾三郎

【目次】
発刊に寄せて 五島文化協会会長 筑田俊夫

第一章 古代史からの光
「肥前国松浦郡田浦」考―空海・最澄の渡唐解纜の港はどこかー

第二章 近世から幕末へ―島の暮らしの変遷―
1 打ち続く飢饉
2 藩政確立期の代官
3 島抜けと島守りー流人悲話ー
4 外来者の入植で開墾進む
5 家数九二件、人口四五六人―二四〇年前の久賀島ー
6 一揆・騒動が継続
7 幕末前夜の久賀島ー代官日記に見るー
8 続・幕末前夜の久賀島ー代官日記に見るー
9 台場の跡と椿林を訪ねて
10 島の椿―その歴史をたどる―

第三章 学校、教会、権利への目覚め―明治の近代化―
1 離島の一小学校の足跡―開校から閉校までー
2 旧五輪教会の建築棟梁・平山亀吉
3 田ノ浦湾のきびな(魚へんに「長」)漁場をめぐる変遷
4 白秋と島の網元の邂逅

第四章 遥かな昭和
1 柳田国男を惹きつけた久賀島
2 一家を支える女たちの記録ー瀬川清子さんの足跡―
3 二つの五〇回忌ー被爆死の学徒と戦死した青年教師
4 一期一通ー野呂邦暢さんとの出会い
5 星の明かりー島の歌人藤原元の生涯
6 求道ひとすじの先達ー入江久光先生を偲ぶ―
7 中学生が見た島の未来

第五章 久賀島人物伝
山口長十郎/内海寅次郎/藤原元之助/山口幾太郎と篠平/田中善吉/藤原伝十郎/脇田浅五郎/平山源一郎/藤原九十郎/藤田辰之丞/男性教師編・多士済々の群像/女性教師・明治、大正期から進出

第六章 地名は土地に刻まれた古文書―久賀島の小字をたどる―
1 文献に残る五島の浦々の地名
2 古くは「大値嘉島」と呼ばれた?
3 明国の地図にも田ノ浦を掲載
4 「久賀島」以前に、「久賀」が登場
5 宣教師の記録にも島の名前
6 伊能忠敬が海岸を一周して測量

第七章 望郷の詩
1 ヨカイロの家
2 きびな(魚へんに「長」)賛歌―分布と漁の歴史ー
3 祖霊の坐ます島
4 司馬さんの「五島の浦々」を行く
5 宮本常一に読む五島列島
6 原風景の故郷

第八章 久賀島研究史―島内外の先人の業績をたどる―

あとがき

【著者紹介】
内海 紀雄(うちうみ・のりお)
1940(昭和15)年、東京に生まれる。3歳から五島・久賀島(現五島市)の田ノ浦で育ち、複式授業の田ノ浦小学校、久賀中学校卒。五島高校を経て大阪大学経済学部卒。1964年に朝日新聞記者となり、大阪・社会部長、編集局長、東京・経営企画室長などを歴任。代表取締役・専務・大阪本社代表を2006年に退任。
日本高校野球連盟副会長、宝塚大学特任教授を経て、現在は公益財団法人美術館常務理事・館長、東大寺信徒総著書には「五島・久賀島年代記(改定)」(同書刊行会)「一記者の戦中・戦後」(北泉社)。
現住所は京都府長岡京市。