歴史
草書体で解く 邪馬台国の謎 書道家が読む魏志倭人伝
ISBN番号 978-4-87035-502-6
販売価格

2,700円(税200円)

購入数
up down
【書籍正式名】草書体で解く 邪馬台国の謎 書道家が読む魏志倭人伝
【著 者 名】井上悦文
【発行年月日】2013年9月25日
【総ページ数】336
【 判サイズ 】A5判

【 商品説明 】

「魏志倭人伝は草書体で書かれていた!」
「邪馬壹国は朝倉の山田だった!」
書道家ならではの視点で発見した邪馬台国の新事実がこの一冊に!

―目次―
第一章 三国志は草書体で書かれていた
第二章 邪馬壹国連合は北部九州にあった
第三章 倭国は九州であった
第四章 邪馬壹国への道
第五章 邪馬壹国はヤマダ国であった
第六章 邪馬壹国は朝倉にあった

【 著者情報 】

井上悦文(いのうえ よしふみ)
1957年、福岡県甘木市(現朝倉市)生まれ。
祖先は秋月黒田藩の筆頭祐筆の家系、中学教諭兼書道家の井上博介(蒼流)の三男。小学入学以前より、書道と音楽の教育を受ける。
西九州大学社会福祉学科卒業。
父の跡継ぎとして書道教室での指導開始、現在に至る。
邪馬台国研究科として、講演会、ツアーガイドなどで活躍中。