実用・一般書
怡土志摩石ものがたり
ISBN番号 978-4-87035-497-5
販売価格

1,620円(税120円)

購入数
up down
【書籍正式名】怡土志摩石ものがたり
【著 者 名】坂本繁俊
【発行年月日】2013年7月10日
【総ページ数】226
【 判サイズ 】四六判

【内容紹介】
旧怡土郡、旧志摩郡(現 福岡県糸島市、福岡市西区周辺)に現存する、神話や伝承を今に伝える石たちのものがたり。

旧筑前国では、江戸時代に貝原益軒が『筑前國續風土記』を編纂しました。又、旧怡土、志摩郡には、それに加えて『怡土志摩地理全誌』『糸島郡誌全』『糸島伝説集』等にも伝承をもつ多くの石が記されています。
その場所に立ち、その物を見、触れ、昔の人の想いを感じ取って戴けたらと思います。



【著者】
坂本繁俊(さかもと しげとし)
1949年佐賀県東松浦郡浜玉町生まれ。
1967年唐津工業高校機械科卒業。
1974年浜崎郵便局入局。
1998年前原郵便局に転勤。
2002年同局退職。
現在、伊都遊歩道クラブ、平原遺跡を守る会、古文書の会会員。

著書に『神功紀異聞』(碧天舎)