小説・エッセイ
【評伝】耳鼻咽喉科のパイオニア 久保猪之吉
ISBN番号 978-4-87035-630-6
販売価格

1,944円(税144円)

購入数
up down
【書籍正式名】【評伝】耳鼻咽喉科のパイオニア 久保猪之吉
【著   名】柴田浩一
【発行年月日】2018年9月15日
【総ページ数】243頁
【 判サイズ 】四六判・並製

【内 容】
日本耳鼻咽喉科学の夜明けを駆け抜け、世界の医学界を席巻した小さな巨人、久保猪之吉。
ドイツ・フライブルグ大学のキリアン門下の三賢人といわれ、世界にその名をとどろかせ、九州帝国大学耳鼻咽喉科初代教授として、獅子奮迅の活躍をする一方、文芸誌『エニグマ』創刊に携わるなど、豊かな感性を開花させ、漱石、鉄幹、晶子、白蓮、茂吉など多くの文人に影響を与え、九州文学界の礎を築いた。
本書は、明治期の貴重な医学歴史書でもあり、文学歴史書でもある。明治の医学、文学界の黎明期に活躍した人々の日常風景が、目に浮かんでくるようである。


【著者紹介】
柴田 浩一(しばた こういち)
1939(昭和14)年 福岡市生まれ、福岡県立修猷館高校卒
1965(昭和40)年 九州大学医学部卒、1年間のインターン後、1966年、九州大学医学部耳鼻咽喉科教室入局・九州大学大学院医学研究科外科系専攻博士課程入学
1971年 九州大学医学部助手
1973年 九州大学医学部博士号授与
1976年 九州大学医学部講師(耳鼻咽喉科)
1979年1月 福岡赤十字病院耳鼻咽喉科部長
1979年5月 
福岡市中央区渡辺通に耳鼻咽喉科クリニック開業・院長
現在 医療法人浩仁会・耳鼻咽喉科柴田クリニック理事長・院長

2002〜06年 福岡県耳鼻咽喉科専門医会会長 日本耳鼻咽喉科学会評議員
1994年 福岡東ロータリークラブ入会 2005〜06年度会長
日本耳鼻咽喉科学会 会員 日本医史学会 会員