小説・エッセイ
生きた証か、金印の謎 「亀井南冥」「リゾート開発」「わだつみの神」
ISBN番号 978-4-87035-620-7
販売価格

1,620円(税120円)

購入数
up down
【書籍正式名】生きた証か、金印の謎 「亀井南冥」「リゾート開発」「わだつみの神」
【著   名】石田健二
【発行年月日】2018年2月23日
【総ページ数】268頁
【 判サイズ 】四六判・並製

【内 容】
国宝である「金印」を題材にし、過去と現在が交錯する物語。江戸時代に発見された「金印」はある人物によって二つの模造品が作られた!
その謎に、「江戸」と「平成」の二つの時代から迫る本格歴史小説。

物語は、サブタイトルにもなっている「亀井南冥」「リゾート開発」「わだつみの神」が鍵となり話が進む。
本書が処女作の著者による渾身の一冊。

【目 次】
プロローグ
1.南冥の死 
2.志賀島の勝馬へ 
3.南冥の栄達 
4.志賀島の歴史-リゾート開発 
5.藩校の設立と金印の発見 
6.金印発見の謎 
7.凋落の影 
8.博物館-亀陽文庫-阿曇族 
9.金印発見の場所 
10.リゾートの進行とバブルの崩壊 
11.家老会議 
12.リゾートの顛末-安曇野にて 
13.その後の南冥 
14.再会

【著者紹介】
石田 健二(いしだ けんじ)
昭和26 年生まれ。福岡県飯塚市出身。京大卒。
平成2 年、福岡市の地場デベロッパーに入社。志賀島のリゾート開発を担当。
その後、総務、関連会社を経て同28 年6 月退社。
平成29 年4 月より不動産に関する独立事務所を開業。