小説・エッセイ
お遍路は心の歩禅  現代版お遍路のススメ
ISBN番号 978-4-87035-603-0
販売価格

1,512円(税112円)

購入数
up down
【書籍正式名】お遍路は心の歩禅  現代版お遍路のススメ
【著   名】坂上 忠雄
【発行年月日】2017年5月1日
【総ページ数】250頁
【 判サイズ 】四六判

【内 容】
いらないことに手間暇かけたり、無用の苦労をしなくても、少しの知識と準備があれば、楽に楽しく、快適で能率的なお遍路の修行ができます。
苦労することだけが修行ではない。現代版「お遍路」案内の決定版。
さらに、本書には、お遍路に欠かせない物・アドバイス、最低限の準備など役立つ情報満載。


【目 次】
第一章 阿波の国―発心の道場  
お遍路1日目「旅立ち」/お遍路2日目「ウォーミングアップ」/お遍路3日目「四国三郎の沈下橋」/お遍路4日目「遍路ころがし」/お遍路7日目「番外霊場も見所いっぱい」/お遍路8日目「過疎化地区でモデルデビュー」/お遍路9日目「歩きの定義はあるのか」/お遍路10日目「阿波の国最後の参拝」
 
第二章 土佐の国―修行の道場  
お遍路12日目「空と海」/お遍路13日目「中岡慎太郎の俊足にびっくり」/お遍路14日目「赤岡で絵金に出会う」/お遍路16日目「四国の政治家」/お遍路17日目「命がけのお遍路」/お遍路19日目「雨の遍路道は沢になる」/お遍路20日目「四万十川の清流で一服」/お遍路22日目「3日間で90キロ・心の遠足」/お遍路23日目「国防婦人会の喫茶店」/お遍路24日目「蛍前線のおじさんとの出会い」

第三章 伊予の国―菩薩の道場  
お遍路25日目「いよいよ伊予の国へ」/お遍路26日目「てんやわんやの舞台の里」/お遍路27日目「遊子水荷浦の段畑に感動」/お遍路28日目「宇和島藩の伊達400年祭」/お遍路29日目「真言宗ではないのですか」/お遍路30日目「別格の遍路道は消えゆく」/お遍路31日目「文化は遍路道沿いに栄えた」/お遍路33日目「雨の日のトンネルは命がけ」/お遍路34日目「道後温泉でも結願祝い」/お遍路35日目「松山市内も山手を歩く」/お遍路36日目「一期一会……極楽浄土へ」/お遍路40日目「感動に感動する」/お遍路41日目「林芙美子の放浪の旅」

第四章 讃岐の国―涅槃の道場   
お遍路42日目「愚痴が減り、結願が見える」/お遍路43日目「歩きも立派な禅の修行である」/お遍路44日目「空海の生誕地戦争」/お遍路45日目「弘法大師の故郷を2日掛り」/お遍路47日目「お寺の配置はバランスが良い」/お遍路48日目「石工との出会い」/お遍路49日目「お遍路人口の推移」/お遍路50日目「四国八十八ヶ所88番(大窪寺)結願」 /お遍路51日目「お礼参り」/お遍路52日目「結願ご褒美(たかが 贋作 されど 贋作)」/お遍路53日目「空海最後の遍路道」
 
あとがき


【著者紹介】
坂上 忠雄(さかうえ ただお)
1947年鹿児島県志布志市生まれ。
1970年東海大学工学部(電気工学科)卒。
同年、株式会社九電工入社。2004年誠新産業株式会社入社。2013年同退職。  
一般社団法人全日本ノルディックウォーク連盟会員。(ノルディック・ウォークインストラクター)