実用・一般書
アクアポリン革命! 活性水で救われるあなたの「水不足病」
ISBN番号 978-4-87035-579-8
販売価格

1,080円(税80円)

購入数
up down
【書 籍 名】アクアポリン革命! 活性水で救われるあなたの「水不足病」
【著   者】北川良親
【発行年月日】2016年8月1日
【総ページ数】129
【 判サイズ 】四六判

【内容紹介】

ヒトの細胞の約66%は水です。その細胞に水を送り込んだり、移動させたりしている重要な役割を演じているのが、本書で紹介するアクアポリンです。
長年、私はこのアクアポリンと水を研究することで、水がヒトの健康にどれほど大切か、それには、アクアポリンがどれほど密接に関わっているのかを学びました。
私の研究の成果を一言でまとめれば、「アクアポリンをよく通る水があり、このいい水を飲めば人は健康体を保てるに違いない」ということです。


【目 次】
はじめに
第犠蓮.▲アポリンへの招待
第蕎蓮.▲アポリンの種類と働き
第珪蓮/緝埖と私たちの身体
第絃蓮”造録緝埖から
第江蓮,いた紊慮分け方
第詐蓮,いた紊魑瓩瓩
第讃蓮.▲アポリン革命を起こそう
おわりに



【著 者】 
北川 良親(きたがわ よしちか)
秋田県立大学名誉教授
昭和18年7月5日、福岡県北九州市八幡区で生まれる。
現在、合同会社北川科学総合研究所を設立し、アクアポリンを対象に水の研究を進めている。
鹿児島大学を経て、北海道大学大学院を1971年卒業後、秋田大学医学部講師、秋田県立大学教授、同生物工学研究所教所長を務めた。
現職中、植物遺伝子工学専門で、イネの耐冷性遺伝子の一つであることを突き止めた。耐熱細菌のアクアポリンの構造などを研究し、アクアポリンで水の性質を研究できるのではないかと考えた。細胞に浸透しやすい水とは何かの答えをアクアポリンを使って追及している。
大分県日田市在住。