実用・一般書
サラリーマンから中小企業家への歩み―人間尊重の経営―
ISBN番号 978-4-87035-578-1
販売価格

2,160円(税160円)

購入数
up down
【書 籍 名】サラリーマンから中小企業家への歩み―人間尊重の経営―
【著   者】中村高明
【発行年月日】2016年8月2日
【総ページ数】360
【 判サイズ 】A5判

【内容紹介】

--------------------------------------------------------

「同友会運動と企業経営は不離一体」を身をもって示した男による渾身の一冊。全ての中小企業家に勧めます。
中小企業家同友会全国協議会会長  鋤柄 修

--------------------------------------------------------

39歳のとき、それまで勤めていた会社を辞め、家業を継いだ著者は、中小企業家同友会や稲盛和夫京セラ名誉会長と出会ったことで人生を大きく変えた。
著者の半生と中小企業家同友会での運動を知ることは、働くすべての人にとって意義のある経験になるだろう。
若い方、起業する方、悩める中小企業家の方、同友会で活躍している方など様々な世代や立場の方に読んでほしい一冊。


【目 次】
第1章 同友会理念「よい会社をめざす」「よい経営者になろう」「自主・民主・連帯の精神」
・サラリーマンから中小企業家への歩み ―人間尊重の経営・同友会運動と企業経営は不離一体―
・同友会運動がつくった「中小企業における労使関係の見解」―人を生かす経営―
・営業のしくみづくり
・経営者の財務分析
・経営者保証(個人保証)の恐ろしさと経営者保証を外す企業づくり
・同友会理念に基づく事業承継計画表の作成

第2章 同友会理念「よい経営環境をめざす」
・金融アセスメント法制定運動
・中小企業憲章制定運動
・外形標準税導入の反対運動

第3章 同友会理念「国民や地域と共に歩む中小企業」
・地域づくり・仕事づくり・人づくり ―中小企業振興基本条例制定運動―

第4章 同友会の組織と活動
・中小企業家同友会全国協議会
・同友会運動の歴史・理念とその発展
・同友会運動における広報・情報化の原点
・支部長・支部役員の役割
・未設立地域 筑豊支部設立の歩み
・東日本大震災3・11と福岡同友会50周年事業とREES

【著 者】 
中村 高明(なかむら・たかあき)
株式会社紀之国屋 会長
1940年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後は、西日本鉄道株式会社に入社。
父の没後、家業である中村商会を継ぎ、株式会社紀之国屋を設立。
大企業と家業とのあまりの落差に苦しむなか、中小企業家同友会と稲盛和夫京セラ名誉会長との出会いが人生を大きく変える。
これまで、福岡県中小企業家同友会代表理事や中小企業家同友会全国協議会副会長など数々の役職を歴任。
現在は、各自治体の審議委員や公立福岡女子大学経営協議会委員など多方面で活躍。